So-net無料ブログ作成
検索選択

MT-09用をXSR900バックステップ取り付け&DUCATIオイル交換&MT-01プラグ交換 [DUCATI M1100Sメンテナンス]

DUCATI ムルティストラーダからXSR900に乗り換えたA-SOさん。

どうも純正のステップ位置が悪すぎるというので、ネットで見つけた
超激安バックステップを取り付けてほしいとの依頼。

STRIKER風バックステップ(笑)


安請け合いしましたが・・・ネットで見たらリアのスイングアームを
繋ぐピポットのシャフトを抜かないと取り付け出来ないという事実www


しかも皆さんわざわざ高価な純正シャフトをもう一本購入して交換
しておられる・・・



いや・・・""適当な棒""で十分でしょ(笑)



ってな訳で、激安バックステップをこれまた激安で取り付ける方法を紹介。



ついでにMonsterのオイル交換&MT-01のオイル交換、プラグ交換も
一気にやっちゃいます。(笑)


XSR900のバックステップ取り付け方法はググったら沢山出てくるので
詳細は割愛しますが、交換するに当たってのコツを伝授します。


----------------------------------------

後で書きますが、まず初めにリアアクスルシャフトを緩めてチェーンを
外しておく事が重要です!!!!

必ずチェーンを初めに外しておいて下さい。

これによってぐっと作業が楽になるのと、一人でも交換可能になります。


----------------------------------------


まずは車体を釣り上げます。 
これをしないと始まりません。(笑)

シートレールにラチェット式のタイダウンベルトを取り付けてゆっくりと
持ち上げていきます。

オイルパンの下に油圧ジャッキを咬ましておくとかなり安定します。

IMG_8625.jpg



軽く持ち上げる程度で結構です。

重要なのは左右均等に持ち上げることです。


IMG_8623.jpg



次に適当な棒を用意します。


今回使用したのはCB1000SFのベアリング交換した時に使用した
六角ボルト(M12×270ミリ)です。


この記事を参照
http://harukichi250.blog.so-net.ne.jp/2013-03-10


M12で270mm以上の長さの棒ならなんでも良いです。

ホムセン行ったら100円位で売ってるので(笑)


それをピポットのボルトを外してこの長ーいボルトで
打ち込んでいきます。


軽く抜けていくと思うのでそのまま一気に抜き去ります。




*今回はMT-01 とMonster、XSR900の作業を同時進行しながら
やってたので、写真が少なくてスミマセンwww




抜き去ったら左側のバックステップをシャフトに通してから逆から
打ち込んでいきます。



IMG_8624.jpg




ここが重要!!!!!!


みなさんここで大苦戦します。


本体の穴とスイングアームの穴が微妙にズレて打ち込めないんです。



この原因はチェーンにあります。


MT-09やXSR900のチェーンの既定値が異常に張ってあるんです。

なので、シャフトを抜くとチェーンで引っ張られてる分戻ってしまい
なかなか位置が合わなくなります。



今回は3人だったので思いっきり後ろに引っ張って位置合わせしてから
打ち込みましたが、チェーンを外してるとリアのスイングアームが動かし
やすくなるので簡単に打ち込めるはずです。



後はサクッと位置合わせして完成!!!!



IMG_8620.jpg



正直、みなさんが苦戦するほど難しい作業ではないので、
悩んでる人は是非チャレンジ♪



ちなみにこの激安中華製バックステップですが、本当に
よく出来てます。

説明書もないのでパズルみたいですけどねwww


DUCATIなら足元見られて7諭吉以上はするのですが、この
MT-09用のバックステップって1諭吉弱・・・羨ましいです。



しっかし、かなり乗りやすいバイクに変貌しました♪



これはXSR900に限らずMT-09でも同じ作業なのでご参考に♪






お次はMT-01のオイル交換です。


このヘムタイバイクはドライサンプ方式なので2ヶ所からオイルを
抜きます。


サクッと抜いて・・・・


IMG_8622.jpg



その間に隙間からプラグ交換します。


このMT-01って・・・CB1000SFと一緒のDタイプww 
18mmのプラグレンチが必要です。

幸い持ってましたんで、それで一気に外して交換していきます。


IMG_8619.jpg


リアバンクの左はタンク全て外さないといけないのですが、
持ち上げてもらってその隙間から交換しました。


正直、全くプラグが見えなので長年の勘だけで交換していきます。



このMT-01のプラグ交換はあまり整備に自信ない人は絶対に
やらない方がいいと思います。(笑)



ドライサンプのオイルタンクに2Lのオイルを入れてエンジンかけて
オイルを循環させ、残りの2Lを入れる。



これはXR250でも一緒でドライサンプエンジンの独特のオイル交換
方法ですね。




残すはわがMonster♪


もう今まで何度も書いてるので写真だけで割愛(笑)


IMG_8613.jpg






今回もホンダ純正S9 CB1100用空冷専用オイルを使用。

やっぱりこれが一番しっくりくるオイルです♪





IMG_8614.jpg





すべての作業が2時半はほどで終了!!!!


整備士に転職しようかな?(笑)




これでみんな快適に乗れます♪






-------------------------------------

DUCATI Monster1100S オイル交換


41000キロ フィルター交換無しで3L


次回45000キロ&オイルフィルター要交換。


-------------------------------------
nice!(13)  コメント(1) 
共通テーマ:バイク

nice! 13

コメント 1

tai-yama

バックステップでコーナーリングが変わるとかなんとか言いますよね・・・・
でも、ヘタレライダーの私には分からない領域だったり(笑)。
イタリア人もMonsterにホンダのオイルを入れたらビックリしたり。
by tai-yama (2017-01-18 23:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。